【怖い話】深夜のこたつにいたもの

何もない空間に向かって

犬が吠え掛かる、

 

という現象をよく聞く。

 

先日、夜中に一人、

 

コタツに入りながら

テレビを見ていた。

 

突然、

 

隣りで寝ていた犬が、

けたたましい勢いで吠え始めた。

 

時刻は2時を過ぎており、

このままでは近所迷惑になる。

 

何とか止めさせようとするのだが、

一向に吠えることを止めようとしない。

 

一体、何に向かって

吠えているのだろうか?

 

部屋の中を一通り見て回ったが、

特に普段と変わったところはなかった。

 

仕方なく、

またコタツに戻った。

 

何かが足に触れた。

 

人間の足だった。

 

あまりの恐怖に、

中を確認することは出来なかった。

 

犬は、もう吠えていなかった。

 

暖かいコタツの中で、

異様なまでに冷たいその感触は、

 

今でもはっきり残っている。

 

季節は少し早いが、

コタツは片付けることにした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)