【怖い話】死を受け入れられない

私の母のお話ですが…。

 

5年程前、

父の会社の取引相手の会社で母が働いていました。

そこの社長は時々ものすごく気が荒くなり、

「その書類に目を通してくださいね。」

と言うだけでも激怒し、

回りに当り散らして物を投げたりする事もありました。

 

ある時、母が

「今日も社長の機嫌が悪かったな。」

と思いながら帰るとその日は

満月でした。

翌月もその翌月も満月になると機嫌が悪くなる事に気が付きました。

そのうち、明日は満月だから会社行きたくないな。

と思うようになったようです。

 

特に、病気でもなんでもないその社長は

事故でもなく突然なくなりました。

 

原因は心臓麻痺か何かの突然死でした。

過労だったのかもしれません。

 

で、その社長は死ぬ前日

「俺、明日死ぬから。」

と奥さんに話したそうです。

 

奥さんは

「またなんて事を…。」

と思いつつ

「冗談はやめてちょうだい。」

という感じでその場ではそれ以上話をしませんでした。

 

数時間後、奥さんが気になって

「何で明日死ぬなんて言うの?」

と聞くと

「は?俺そんな事言ってねぇよ。」

とまったく何の話だか分からないといった

様子だったそうです。

 

でも、遺言のようなものをその日に書いていたそうです。

その後、母は社長の夢を見ました。

社長は寝ている母の元へ来て話し掛けます。

「なんで会社に俺の席がないんだ?」

とかそんな感じの事です。

 

母は、

「社長はもう死んでしまったからよ。」

と言うと

「俺は死んでない。俺は死んでない。」

とその社長は言うそうです。

 

ある日、会社の人たちと雑談している時に社長の話になったそうです。

母はその夢に出てくる社長の話をすると他の人や、

社長の奥さんも同じ夢を見たそうです。

「俺は死んでない。俺は死んでない。」

と言うそうです。

 

私はその話を聞いてぞっとしました。

 

今でもたまにその社長が夢に出てきて

「俺は死んでない。俺は死んでない。」

と言うそうです。

 

長い割にあまり怖くなかったかも?

でも、知ってる人だっただけにぞっとしました。

つまらなかったらすみません。

ちなみに亡くなった日は満月だったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)