【怖い話】実家の天井に・・・

正月に実家の旧家で体験した話。

 

布団で寝てたら夜中に目が覚めたので、

尿意かいなーと思ってボーッとしてたら、

天井に十二単みたいな着物を着た女が張り付いていた。

ずーと耳鳴りがしていた。

 

弱気に出たら舐められると思い、

昔読んでた孔雀王とかの呪文を適当に唱えてたら、

その女が天井に張り付いたまま、

体をイナバウアーみたいにして

グググーと顔をこちらに向けてきた。

 

女が「○○(昔の人の名前ぽくて聞き取れない)、今何時ぞ?」

と聞いてきたので、

正直に答えたら呪われるととっさに思い、

「まっぴるまです」と答えたら、

思いっきり顔を着物の裾ではたかれた。

 

次に気がつくと朝で布団に寝ていて、

なぜか枕が足の下にきていた。

 

夢かいなーと思って、

天井を見上げてみると、

すすで汚れたような黒い人間の裸足の足跡が2つあった。

 

怖くなったので初詣に4~5回行った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)