【怖い話】子供の頃に見えていたもの

この話は自分の幼少期の体験で、

怖い気持ちが無かった。

 

私は、小学3年の時に父親が事故で無くなり、

母子家庭となって、

鍵っ子状態が 大学まで続くんですが 、

幼少の頃から、

霊感が強く自分にしか見えない

別の世界の住人が見えていました 。

住んでる団地界隈にも沢山の地縛霊がいました 。

 

基本的に、

毎日同じことの繰り返しを行っている霊たちなんですが、

例えば、団地 横の公園のベンチの周りを

グルグル回っている人や、

団地の屋上から一日に何百回 も飛び降りを繰り返している

爺さん等が今でも印象に残っています 。

 

中でも、当時の私と同じ年齢の子供で

母親を探して同じ場所にいつもいる子だけが 、

少し怖かったですね 。

 

事故か病気か犯罪かは分かりませんが、

本人は自分の死を理解する前に死んでいる のは確かでしょう 。

 

何度も私についてきて、

私の部屋で何度も見かける様になった時に、

初めて薄気味悪い な~と感じました 。

 

当時の私は、

誰でも見えてるもんだと思っていましたし、

TVで心霊番組を見て自分は 普通じゃないんだと認識した 。

 

霊感は中学に入る頃には全然無くなり、

今は全く無縁の存在ですが・・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)