【怖い話】階段を駆け下りる包帯男

これは、4年ほど前に私が実際目撃したことです。

新宿の京王線ホームって地下にあって、

改札から階段で地下のホームにおりて逝くのですが、

階段の途中の踊り場に片方の手か

腕を怪我して包帯まいている人がいました。

 

私服の中年男性でたしか折り畳みガサを持っていたかな?

僕がトコトコとおりて、

その踊り場につこうとしていたとき、

その男が階段を踏み外したらしく、

突然ダダダダーっと階段を落ちるようにかけおりて、

階段下のホームにおりかえし始発の電車を待つ

5、6人の列につっこんでぶつかりホームに並んでいた人は

なぎ倒されました。

 

キャーというこえが声がして、

ヤバイ、線路におちる!!と思いましたが、

幸い数人がホーム上で倒れただけですみました。

 

ぶつかった男はスミマセンと謝り、

並んでいた人たちにもたいした怪我もなくその場は収まリ、

その数十秒後ホームに電車が入ってきました。

京王線の新宿駅を利用している方はわかると思いますが、

ホームとホームの間には線路は一つしかありません。

 

つまり、もし誤ってホームに転落した場合逃げる場所がないのです。

これはちょっとしたアクシデントでしたが、

私は事件性を感じました。

 

私が目撃した限りでは、

包帯をした男は足を踏み外すというより

駆け足で階段を下っていったという感じでした。

 

しかも、はじめから電車を待列に目標を定め。

その様子を男が階段を掛けおりるのを

始めからみたのはたぶん僕だけです。

 

包帯を巻いた腕の怪我も何かうそっぽかったし、

目も少し逝っているような感じの男でした。

 

その後、なにごともなかったかのようにみな電車にのり、

一連の出来事を階段の上の方からみた僕も電車にのりました。

 

私は駅員か警察に連絡しようかと思い

発車をまつ電車のなかでしばら思い悩み、

ふと目をホームの方にやると、

その男と目が合いました。

 

男はその電車に乗る様子もなくホームをうろうろしています。

そして、つねに私の方をみているようでした。

 

やがて、電車は発車し男もやがて見えなくなりましたが、

家についてもその夜は恐くて興奮していました。

 

結局、私の勝手な思い込みかもしれないし、

何もなかった事件で大事になるのも嫌だったので

駅員にも警察にも相談しませんでした。

 

しかし、京王線に乗るといまでも

その時のことを思い出します。

 

もし、線路に人が落ちていたらと……。

その時、私は証言するでしょうか。

この話を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)