【怖い話】学校のロッカーで死んだ

俺たちの出た中学校が廃校になると聞いて何となく思い出した話。

中学当時、俺をいじめていたAが、

その日は俺を掃除用具が入っている。

 

背の高いロッカーに押し込んで蹴飛ばしていたところ、

そのロッカーが突然前に倒れAを押し潰し、

Aはそのまま死んだ。

 

のちに警察が再現実験を行い、

力任せにロッカーを蹴飛ばしたせいで、

後ろの壁にぶつかり、

その反動で前に倒れこんできたと結論が出た。

 

中学校にしてみれば事故とはいえ

校内で死者が出たってだけでも大問題なのに、

それがいじめによるものだったとは絶対に認めたくない。

 

そこで、俺はロッカーの中にいなかったことになった。

「頭が悪く常日頃から乱暴で暴れては

周りに迷惑をかけていたバカが、

“独りで”勝手に暴れた挙げ句に事故死した」

というのが中学校の公式発表で、

バカが事故死したというのは地元紙の片隅にも載ったが、

警察や教育委員会からも、

マスコミからも事故報告書の矛盾点は指摘されず。

 

間接的ながら俺への暴力も認められ、

遺族は俺を含むクラスメイトに謝罪したし、

現金20万と抜群の内申を用意されたので、

俺も本当のことは黙っていた。

 

廃校になったのは生徒数の減少が原因で、

この件とはまったく関係がないのだが、

鉄扉一枚下で人間が潰れる感触というのは

二度と味わうことがないだろうなーと思う。

 

当たり所というか倒れ方が悪かったようで、

正中線てところがちょうどロッカーの角になって、

体の左半分が下敷きになったんだわ。

 

心臓とか左脳とかが上手く潰れたって話だった。

休み時間で人目は多かったけど、

俺以外にも手を出しててAは嫌われてたし、

学校からかなり厳格に口止めされたこともあって、

ほぼ異存なく無人のロッカーが倒れたことになったよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)