【怖い話】バイト先の2階

学生の時のバイト先の2階にあったのは、

多分開かずの間だったんだと思う。

 

弁当屋だったんだけど、

2階は休憩室と資材とか置いてた。

 

けど、誰も2階で休憩しない。

デカイ窓あるのに、

昼間でも薄暗くてしめっぽい感じで、

資材取り行く時も絶対みんな一人で行きたがらない。

 

俺のだいぶ後に入った、

美大生の自称霊感持ちのかわいいけどちょっと変な女だけ、

よく2階でタバコ吸ってた。

 

だから重くない資材とかはその女に頼むようになって、

かわりに休憩時間外の一服黙認みたいな感じにしてた。

 

店の資材在庫チェックのときも、

当然その女面子にいれて、

あと社員さんA、B二人と、

シフトだった俺と、バイトのチーフの先輩、

計五人でやる事になった。

 

社員さんBと先輩が電車の事故で遅れて、

三人で始めた。

 

俺がチェック表とか下でコピーしてたら、

上から悲鳴が聞こえたので、

あわてて階段をのぼってったら、

突然頭がびしょびしょに濡れた。

 

触ったら全然痛くないのに、

大量の血が出てた。

 

驚いたけど、

女がぎゃあぎゃあいってるが聞こえるので、

とりあえず2階に上がったら、

女は壁の方向いて分けの判らない事を叫んでいて、

社員さんAは座りこんで漏らしてた。

 

女の指差してる方を見たら、

これまで壁だと思ってたとこが引戸だった。

 

中は畳横に二枚並べたくらいの部屋で、

小さな虫の死骸が2cmくらい積もっていた。

 

1カ所の角だけ三十センチくらい丸く、なにもない。

壁はパッと見普通の和室っぽい壁に見えたけど、

土に長い黒い髪の毛みたいなのを混ぜて塗り込めてあった。

引戸の裏も同じ感じになっていた。

訳わかんなくてぼーっとしてたら、

遅れてた先輩が来て、

血まみれだった俺は即救急車呼ばれて病院連れてかれた。

 

病院ついたら、もう一人の社員さんBがそっちに来ていて、

「有給と見舞金出すから、

棚から物が落ちて怪我した事にしろ」と言われた。

 

正直金が欲しかったのと、

恐くてもうバイト先に行きたくなかったので、

いう通りにした。

 

傷はそんなに深くなかったから、

縫うだけですんだ。

 

バイトは2週間くらい休んでいい事になってたけど、

どうしても気になったから、

10日目くらいにのぞきに行った。

 

そしたら、先輩は居たけど、

社員さんAは体調崩して長期休養。

 

女の方は、学校も辞めて実家に帰るからって、

親と挨拶に来たっていってた。

 

女は店に一歩も入って来なくて、

全然しゃべらなくて、

薬が効いてぼーっとしてるみたいな感じだったらしい。

 

先輩が社員さんBを問いつめて聞いた話を聞かせてくれたんだけど、

店はもともと普通の古い民家だったのを、

人が居着かなくて困った所有者から、

格安で借りていた場所らしい。

 

社員さんBも詳しい事は知らなかったけど、

「絶対いつか何か起こると思ってた」

と言っていたらしい。

 

引戸見つけて開けたのは女の方で、

「中から頭がぐるぐる回る人形?が出てきた」

と繰り返してたらしい。

 

社員さんAは何も話さなかったけど、

ショックを受けた状態になっていて、

 

内臓が弱っているのでまだ入院していて、

家族の希望で多分近々退社するという事だった。

 

2階を見せてもらったら、

その部屋は綺麗に掃除されて、

引戸も外されて、壁も塗り直されてた。

 

けど、2階の雰囲気は全く変わってなかった。

ものすごく嫌な気分になって、

その日でバイトを辞めた。

 

大学のある駅近くの店だったが、

その日から卒業まで一度もそこを通らなかった。

 

しばらくして仕事でその駅に降りたとき、

なんか思い出して店を見に行った。

 

そしたら弁当屋は無くなって、

今風のカフェになっていて、

驚いた事に先輩が店長をしてた。

 

弁当屋は、俺が辞めたすぐ後ボヤを出して潰れて、

同じ系列チェーンのカフェになった。

 

社員さんBが最初そこの店長をしていて、

違う会社に転職する事になった時に、

先輩が店の権利を買い取ったということだった。

どうしても気になってた2階の事を聞くと、

先輩はちょっと困ったような嫌そうな顔をして、

やっぱり嫌な雰囲気があるので、

改装とお祓いをして倉庫にした、

といってから、

「これ多分、あの子が見たって言ってたやつだよね」

といいながら、俺に葉書を見せてくれた。

 

あの女からの、絵画展の招待状だった。

宛先が昔の弁当屋の名前になっていて、

表側に、頭が変な風に横に潰れた、

でかくてのっぺらぼうで、

口だけが裂けて、

手足が異様に細い白いぬいぐるみが、

踊ってるみたいな絵が書いてあった。

 

はがきは二年くらい前に来たもので、

場所が遠いので行けないしと思いながらも、

記載してあった画廊に問い合わせたところ、

そんな展示の予定は無いと言われたそうだ。

 

「なんか捨てるに捨てられなくてさあ」と言いながら、

先輩はそれを引き出しにしまい込んだ。

 

その後、先輩とはしばらく連絡し合ったりしてたけど、

今年の春、店が老朽化で立て替えになるので、

この機会に両親の面倒を見るためいなかに帰る、

という電話が来た。

 

その後、何度か連絡しようとしたけど、

携帯変えたらしくて通じない。

 

暑中見舞い出したけど、

宛先不明で戻ってきた。

 

結局なんだったのかわからないままだけど、

俺はもうあそこには行かない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)