【怖い話】アルバムの中の子

家をリフォームすることになり、

自分の部屋を整理していた時のこと。

 

押入れから昔のアルバムが出てきた。

懐かしいなと思いつつページをめくっていると、

中学時代の一枚の写真が目に留まった。

 

それは修学旅行のスナップで、

クラスメイトが写したものだった。

 

京都の清水寺あたりで撮ったと思われるその写真には、

なぜか見覚えのない男子中学生が写っている。

 

だが、それが誰なのかどうしても思い出せない。

卒業アルバムを引っ張り出して、

全クラスの生徒と照合してみたが、

該当する者もいなかった。

 

友人と肩を組んでピースサインしている自分の背後に、

カメラ目線の陰気な顔をした中学生。

 

写真を現像した当時、

友人も焼き増ししてもらってるはず。

 

話題になってもよさそうなものだが、

そんな記憶はさっぱりない。

 

まあ中学を卒業して五年も経っていたので、

そんな些細なことは忘れてしまったのだろう。

 

幸い一緒に写真に写っている友人とはたまに遊ぶこともある。

 

今度会うときに話のタネにでもするか、

と思ってその日は終わった。

 

そのことを忘れないようにと、

写真を卒業アルバムにはさんで、

机の上に置いていたのだが・・・・・・

 

週末、連絡して友人宅へ出かけることになった。

家を出る前にアルバムから

写真を抜き取ろうと思ってページをめくったが、

なぜかなくなっていた、

三十分ほど探したのだが、

どうしても見つけられず、

諦めて家を出た。

 

おそらく友人も持っているはずだ。

その時に確認すればいいか、と思った。

自分は友人宅に着くなりその話をした。

 

じゃあ同じ写真があるはずだから見てみるか、

ということになり、

友人が押入れからアルバムを引っ張り出した。

「これか?」

確かにその写真だった。

 

だが、友人の持っていた写真には、

あの中学生は写っていなかった。

結局それを証明する写真がないということで、

こちらの見間違いというふうに決着がついた。

 

でも、あの中学生の顔は、

今もはっきり覚えている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)