【怖い話】イボの花

母方の伯父が昔してくれた話なんだけど。

イボの花ってのがあるらしい。

 

体に出来たイボにこう、

花が咲くみたいに

パカって裂け目ができることを言うそうだ。

 

昔は、急にできたイボに花が咲いたら、

近くの人間に不幸があると言われていたらしい。

 

聞いたことがないから、

叔父のいた所独特の風説かもしれないけど。
で、伯父が小学校の頃、

右手の二の腕に急に大きなイボが出来た。

 

そして、すぐにそれが真ん中から十文字に割れた。

それを見て彼の祖母が

『イボの花』の話をしたところ、

伯父はバカらしいと鼻で笑ってたんだって。
その3日後。

祖母が心不全で死んだ。

 

伯父は驚いて両親に話したが、

もちろん取り合ってくれなかった。

 

ばあさんはもともと心臓が弱かったし、

しょうがないと。
それから1年ばかりなにもなく過ぎて、

伯父もイボの花を偶然だと思うようになっていたころに、

伯父の言う一生忘れられないことが起きた。

 

8月の暑い日。

伯父が朝起きると、

腕と言わず顔と言わず全身にイボが吹いていた。

 

痛みは無かったが、

顔や胸のゴワゴワした嫌な手触りに伯父は驚いて、

両親に泣きついた。

 

両親も驚いたが、

取りあえず近所の町医者に来てもらうと、

何かのかぶれだろうと言う。

 

結局、塗り薬をもらって、

伯父はそのまま自分の部屋に寝かしつけられた。

 

学校も当然休まなければならなかった。

両親は共働きだったので、

まあ大丈夫だろうと、

伯父は一人で家に残された。

僕の母もまだ生まれていなかった頃だ。

伯父は布団の中で

物凄い恐怖感に襲われたという。

 

もしイボに花が咲いたら。

全部に花が咲いたら。

 

そう思った瞬間、

目の前が真っ白になったそうだ。

錯覚ではない。

 

その後に凄い音がして、

屋根が崩れてきた。

 

『あ、これか』と一瞬に思ったらしい。

そこからの記憶がないと言うが、

伯父は瓦礫から助け出されたとき、

火傷と擦り傷で全身血まみれだったそうだ。

 

イボに赤い花が咲いて。

1945年8月6日広島でのことである。

その伯父も9年前に死んだ。

 

生前よくみせてもらった背中や腹には、

かすかに無数の痣が残っていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)