【怖い話】自分を探している先輩

中学校の理科室で、

先生にことわって実験させてもらったんだよ、

夏休みに。

 
午前中、先生が部活でいるときだけ、

って条件で。

 
すげーうれしくて、

理科室いったら知らない先輩が、

別のテーブルで実験してる。

 

で、1週間もいっしょに実験してるうちに
色々教えてくれて、

仲良くなったんだけど

あるとき、自分が少し遅れて、

午後10時ごろかな。

 

・・・・、先輩が理科室で倒れててさ。

死因は、持病の心臓関係の病気だったらしい。

 

葬式にもいって、お棺の横に、

実験レポート置いたのを覚えてる。

 
・・・ひとりになった理科室はさびしくてさ。

中学卒業、

って日にも先輩の墓参りにいったよ。

 

それで、今、俺は母校で理科教師をやってる。

でもさ、教えてるコドモたちがたまに言うんだよ。

「理科室に幽霊がでる」って。

もしかして、先輩?、とか思うけど

コドモの前にしかでてこないんだとさ。

それで、こういうんだって

「○○(俺の名前)はどこだ?」

○○、って名前は結構ポピュラーだから

そんなに話題にはならないけど

先生のこと探してるんじゃない?とか、生徒に言われる。

 

やっぱ、覚えてるのか・・

先輩の研究結果を俺の研究として出展したのを・・

・・・先輩、ごめんなさい。

 

・・・冬休みに時々、理科室にいくんだ。

先輩に逢いたい、と思ってな。
・・でもいつも、廊下でとまっちゃうんだよ。

先輩が俺を探してる理由を考えてしまってな。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)