【怖い話】放送室の怪

どこの学校にも

怖い話は幾つかあるものだけど、

俺の母校の小学校は、

なぜか怖い話が放送室にばかり集中している。

 

数えきれない噂があるんだけど、

中には実際に起きている出来事もあったりする。

 

クラスメイトが体験したのを

きっかけに俺は興味を持って、

機会があれば地元の近所の人からさりげなく、

小学校の放送室について

話を聞いてみたりしていた。

 

その中から幾つか選んで、

下手だけどまとめてみた。

 

ややこしいけど、

事件ごとの↑(矢印)以下は

出来事に関する補足と、

噂のまとめ。

 

事件は全部同じ小学校の出来事。

上から古い順。

 

【放送事件】

80年代前半の出来事。

 

午前10時過ぎ、

2時間目の授業の最中、

放送の流れるスピーカーの電源が入り、

『・・・さい。・・・なります。・・・さい。・・・なります』

と、抑揚の無い棒読みの声で、

低めの大人の女性の声で放送が流れる。

 

1、2年生には泣きだす児童もいたため、

1、2年生の担任の先生は教室に待機。

 

3年生の教室に居た

3年の担任の男性のA先生が、

生徒を落ち着かせた後、

真っ先に放送室を確認に向かう。

 

続いて、4~6年生の担任等他の先生や、

用務員が駆けつけ、

真っ先に駆けつけていたA先生に情況を聞くも、

「放送をした者を確認できなかった」

当時、学校にいた女性の先生は、

皆授業中だった。

 

学校では、

外部の者が学校に侵入し行った悪戯として、

防犯体制を強化した。

俺が小学校に入学するだいぶ前に起きた事件。

真っ先に駆けつけた3年生の担任のA先生は、

その事件の日から、

体調不良を理由に

仕事を休むようになっている。

 

他の先生たちで代替の授業を行って

A先生の復帰を待ったけど、

A先生は結局3週間ほどで退職。

 

3年生の生徒が手紙を書いたり

連絡を取ろうとするも、

連絡はつかなかった。

 

さらに、A先生は精神病で

病院に入院しているという噂が流れる。

 
件の流れた謎の放送、

『・・・さい。・・・なります』

はボソボソとした口調だった為、

生徒の間で、

こう聞こえたー、

いやいやこうだー、

と様々な意見が流れたが、

一番多かった意見が、

『見ないでください。おかしくなります』

 

 

【窓ガラス破壊事件】

当時小学校5年、

放送係のB君が放課後、

1階放送室の校庭側に面した窓に体当たりして、

外れた窓枠と一緒に

放送室に面していた校庭に落下した。

 

落下と同時に窓ガラスが割れて

B君は切り傷を負い、

入院が必要な位の大怪我。

俺が実際に小学校の生徒だった頃にあった事件。

B君はクラスメイト。

 

入院しているB君に、

俺とクラスの数人とで

一緒にお見舞いに行って話を聞くと、

放課後、

放送室で係の仕事をしていたら、

急に放送室に女の人が現れたらしい。

 

髪は長め。

後ろ向きで部屋の隅に立っていて、

全く動かない。

 

B君は驚いて、

放送室から逃げようとして

ドアの方を振り返ったら、

今度はそのドアの前で、

ドアを塞ぐように後ろ向きのままで立っていた。

 

意味無くここに居る訳じゃない。

自分を狙っている。

 

と危機感を感じたB君は、

今度はドアと反対方向の窓に向かってダッシュ。

 

窓のカギ開けた所で、

窓に女の顔の輪郭が映ったのを確認する。

 

つまり、さっきまでと同じ後ろ向きじゃない、

こちらを向いている。

 

ここでB君半分パニック状態になる。

もう窓を開ける時間さえ惜しい。

B君は窓にそのまま体当たり。

何とか放送室から抜け出せた。

というのが一連の流れだったらしい。

どんな顔だったの?

という俺らの問いには、

「ガラスに映ったのを見ただけだから良く分らない」とB君。

服は?と聞くと、

「ボロい古い柄の布を何重にも重ねたようなもの」

俺たちはそれを学級新聞にしようとしたが、

流石に先生に怒られた。

 

B君は閉所恐怖症になってしまったけど、

怪我が治ると転校して他の学校に復帰。

 

俺が放送室の女の噂集めるようになった、

きっかけになった出来事。

 

 

【自殺】
教頭であるC先生が夜に学校に忍び込み、

放送室の直ぐ向かいにある上り階段で、

すずらんテープを束ねたものを

階段の手すりに結び付けて、

首を吊って自殺。

 

学校で契約していた

警備会社の社員が発見。

 

 

【消えた魚事件】

2か月ほど、

学校中の水槽から観賞魚が

1匹づつ消えていった出来事。

 

後に放送室の資料を保存する部屋の引き出しから、

大量の干からびた魚が発見される。

 

町内の有志の人が、

事件が落ち着いた後に魚を寄贈してくれている。

 

 

近年起きた出来事。

この話は俺の姉(子供がそこの小学生)から聞いた。

 

学校中の水槽の魚が

日々どんどん消えていき、

ほとんど魚が居ない状態にまでなったらしい。

 

先生たちの間で調べて、

ある一人の生徒の仕業だと判明して、

その子に話を聞いたら、

放送室の隣の放送準備室(資材置き場的な部屋)に

隠してあるって白状した。

 

その子が抜き取ったのか、

それとも腐ってしまったのか、

発見された干からびた魚には

目が無かった。

 

先生たちは、

特に犯人について生徒に発表しなかった為、

どの子の仕業かはっきりとは分からないが、

ちょうどその時期に、

不自然に急に転校した子供がいて、

その子では?と噂されている。

 
さらに、どうしてこんな事をしたのか、

という先生の問いにその子は、

「あれの顔をみても、こうすれば助かる」と、

錯乱気味に答えたとの噂もある。

 

 

~~~~~~
他にもいろいろな出来事や噂があるけど、

どの話もだいたいの共通点は、

放送室に女がでて、

顔をみちゃいけない。

 

とりあえず、

犠牲になった可能性のある人の話と、

助かった人の話と、

救済方法の話、

という訳で選んで書いてみた。

 

これからも、周りに変人扱いされない範囲で、

地道に情報集めて行くつもり。

正直、B君から聞いた話は、

小学校の時の俺のトラウマだし、

噂にある程度一貫性があると、

その放送室の女が本当にいるみたいで、

怖くてしょうがなくなる時もあるけど、

なぜか【窓ガラス破壊事件】のB君の話を聞いた時から、

ずっと興味が尽きない。

 

近々、

「ある年度の卒業アルバムに【放送室の女】が写っている」

って言われている、

その卒業アルバム(70年台のもの)を

近所の人にみせてもらう予定。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)