【笑える怖い話】超能力を使った兄

小学生3年生の時、

海岸のそばのホテルに

家族で泊まった時のこと。

 

ちょうど今ぐらいの季節で

湿っぽい曇りの日だったが、

夕食後に二人の兄と三人で海岸に出た。

 

私が「星見えないねー」と言ったら、

小六の上の兄が真上を指さして

「晴れろ!」と言った。

 

そしたら、その途端

ちょうど私たちの真上の雲が

するすると消えて、

ぽっかりまんまるい穴が開いた。

 

それ以来、私と小五の下の兄は

「すげえ~兄ちゃん超能力あるんだ!!」と、

上の兄を尊敬の目で見るようになった。

それから何カ月かして、

みんなでテレビを見ていたら、

誰だったかお笑い芸人が

まったく同じ経験談を話していたが、

一緒に出ていた

精神科の医者だと言う人が、

「あなたはその時、

自分が異常なことを

考えていると思いましたか?

自分で変だと思ったなら大丈夫だけど、

本気で超能力だと思っていたのなら病気です」

 

と真顔で解説していたので、

私たち兄妹三人ともヘコんだw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)