【笑える怖い話】ヤクザに頼まれた奇妙なバイト

これ俺のイトコの話なんだけど、

今から20年くらい前、

そいつが族にいた時に

8-さんと付き合いがあって、

ある日その8-さんに

「お前ら一晩1万円のバイトしないか?」

って友達と

一緒に誘われたんだって。

 

しかもやることといえば、

ある部屋で一晩過ごすだけっていう

簡単な内容。

 

あんまりにも話が旨すぎるので聞いてみたら、

その8-さんが正直に

「その部屋出んだよ、これが。」

って言って手を下向きに

してぶらぶらしながら

「でもお前らみたいな

肝が据わった連中なら怖かないだろ。」

って言われたんで

結局引き受けることしたんだって。

 

んで、その夜に友達と二人で

8-さんと一緒にそのマンションに行ったんだって。

 

でもその部屋は普通の部屋で、

特にいやな雰囲気もしなくてほっとしたらしい。

 

8-さんが

「じゃあ、鍵置いていくから後はよろしくな。」

って言って出ていっちゃったんで、

しょうがないから二人で

ビール飲みながらTV見ていた。

 

でも20年ぐらい前の話だから

今みたいに1日中TV放送もやってないんで、

全部のTV局が放送終了になってしまった。

 

友達と二人でしょうがないから寝るかって事になって、

布団敷いて電気消したんだけど、

やっぱり出るって事が気になって

眠れずにぼうっとしていたんだって。

 

1時間ぐらいそうしていたら友達が、

「なあ、○○(イトコの名前)」

って話し掛けてきたんだって。

 

「お前のとこから窓の外が見えるか?」

イトコが「いや、見えねぇよ。」

「俺も見えないんだけど、

気になってしょうがないんだよ。」

って友達が言ってきたんだけど、

実はイトコも窓の外が気になって

しょうがなかったんだって。

 

結局ビビッテいてもしょうがないので、

二人で窓の外を見る事にして

カーテンを引いたら、

窓の外に落ちていく血まみれの人が見えた。

 

でもその人が落ちていく気がするのに、

いつまでも窓の外に見えるんだって。

で怖くなって二人で外に飛び出して

公衆電話からその8-さんに掛けたら、

8-さんが迎えに来てくれて

事務所で朝まで飲ましてくれたんだって。

 

んで、その飲んでいるときに

8-さんが教えてくれたんだけど、

不動産屋とかに

そお言う物件の処理を頼まれることが

結構あるらしくって、

駄目もとで族とかに

厄払いさせてみようかって事で試したんだけど、

殆ど駄目だったらしい。

 

でもその後、

南米とかアジア系の不法外国人に

そお言うとこに住まわせたら

出なくなったらしいよ。

 

まあ幽霊も訳わかんない

外国人相手じゃやり辛かったんだろうね。

 

その8-さんは外国人使って

結構そお言う物件を除霊(?)しまくったらしいよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)