【笑える怖い話】父と河童

父親の従兄弟がM町に一族を構えていて、

父が子供の頃、

M町で遊んでた出来事をよく語ってくれた。

 

M町の真ん中にM町と同じ名前の

M川が流れていて、

そこによく河童が現れていたらしい。

 

もう他界したが、

父親の語る河童の話は

妙にリアリティがあって面白かった。

 

例えば、

河童は亀の様な甲羅があるわけではなく、

背中がワニの鱗の様に

硬いだけとか、

頭の皿は犬の鼻の様に粘膜質で、

皿の周りの毛から水分補給してて、

別に渇いても死なない。

 

ただ、渇くと全身が干からびて、

皮がつっぱって動きが悪くなる。

 

頭の皿はそのバロメータになってるとか。

(河童にも親がいて、

頭の皿が渇く前に水に

戻れときつく言われてるらしい)

 

河童は特有の平泳ぎのような泳ぎ方で、

人間がクロールするより速い。

 

しかし、父達がクロールを

河童に教えると更に速くなった。

 

など、河童の身体の仕組みや

生態が事細かく伝わった。

 

それはもう、

本当に河童と一緒に泳いだり、

相撲を取った人間でないと

語れないようなリアリティ。

で、俺も小6になって、

父の作り話だと理解した頃の正月、

親戚の家で呑んだ父が、

酔い覚ましに散歩しようと誘ってきた。

 

貰うモン貰って、

オバサン達の相手にも飽きた俺は

父親の誘いに乗った。

散歩中、

M川の橋の上で何かに気付いた父親が、

突然、川の上流に向かって

「おーい!おおーい!」と叫んで、

手を振り始めた。

 

橋の歩道には数名の人がいて、

父の突然の奇行に立ち止まり、

父の見つめる川へ視線を落とした。

俺も川を凝視する。

 

すると、胸上くらいを水面から出した人型の・・・

河童が手を振り返してきたのだ。

 

手には水掻き、頭は円形禿。

絵でみる河童の姿。

 

橋の上の人達も、

若い人は「えー!何だアレ」、

老婦人は「あら珍しい」みたいな反応。

 

本当にM川に河童がいたのだ。

これは30年前の話。

ちなみに俺は今、

縁があって結婚してM町に住んでる。

 

M町は夏に、

『がわっぱ(河童のこと)祭』というのがある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)