【笑える怖い話】大きなカエルを見つけた

親父から聞いた話。

 

ある夏の日、

家の近くにある川原を歩いていたら、

向こう岸にでっかいカエルがいた。

 

あまりにでっかいカエルだったんで、

石を投げていじってみた。

 

すると、そのカエルが

「いてっ!」

てしゃべったんだと。

 

でも、親父は

『カエルがしゃべるはずがない』と思って、

もう一度石を投げてみた。

 

だが、やはり石をぶつけられたカエルは

「いてっ!」としゃべり、

しかも今度は、

「何すんだー!」

と怒鳴ってきた。

 

親父はもうびっくりして、

逃げ帰ったそうな。

で、その日の夕飯のとき。

なんだかねーちゃんが怒っている。

おそるおそるなんで怒っているのかきいてみたら、

「お前、昼間私に石投げただろ」と言ったそうな。
「暑さにやられてぼけてたのかな…」と、

親父は言ってました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)