【笑える怖い話】遠泳実習の時に現れたサメ

うちの高校は体育系で、

高校二年生の夏には

遠泳実習という行事がある。

 

もちろん生徒にとっては

苦痛極まりない行事で、

毎年、2年生に成る生徒は

愚痴をこぼしていた。

 

なんせ沖まで行って

4、5時間泳がなきゃいけないからね。

 

体力の限界が来て溺れる生徒は

毎年数人は居る。

ヘタすりゃ死ぬかもしれない。

そして、俺たちも2年生になり、

遠泳実習を行う季節がやって来た。

 

実習の日が近づくにつれ、

みんな溜め息が多くなってくる。

 

しかし、そんな俺たちに

朗報が舞い込んできた。

 

毎年遠泳実習を行う海岸に、

巨大なサメが出没したとのことだ。

 

このニュースを聞き、

生徒の誰もが“遠泳実習中止”という

言葉を脳裏に過ぎった。

 

予想通り急遽、

特別ホームルームが行われることになった。

 

教室で先生を待つ俺たち。

その間、「俺たちってツイテル!」や、

「サメ様ありがとう!」などの言葉が

教室で飛び交っていた。

 
そして、先生がやって来た。

教室のドアを開け、

静かにツカツカと歩き、

教卓の前に奴は立った。

 

みんなが奴の第一声であろう

『今年の遠泳実習は中止です』

という言葉を待ち、

・・・ゴクリ。唾を飲んだ。

 

そして、奴は口を開いた。

「えー 今からサメの退治方法を教えます」

生徒の誰もが一斉に机ごとコケた。

 

その瞬間、教室は揺れていたに違いない。

俺はこの先、一生忘れないだろう。

 

先生様のあの冷静な口調と、

ドリフ並にみんなが一斉にズッコケた光景、

そしてサメの退治方法を。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)