【謎な怖い話】みょうみょう

子供のころ、

学校の裏にある山に

よく虫取りに行ってたんだが、

ある日奇妙な体験をした。

その日も獲物を求めて、

雑木林の中を散策しているときのこと

俺はなにやら小さな声が

聞こえることに気づいた。

その声は俺の近くから聞こえる。

 

なんだ?と注意して耳を立てると、

それは俺の足元から聞こえていた。

 

よく見てみると、

小さな虫達が円を作っている。

声はその虫達から聞こえていた。

 

円の中心に、

カナブンを小さくしたような虫がいた。

 

そいつは手足を縮めてころんと丸々と、

「まん丸お月さん、

これどうじゃ?」

すると周囲の虫達が、

「みょうみょうみょうみょうみょうみょう」

と騒ぐ。

 

俺はわけがわからなくて、

ポカンとマヌケ面で見ていたと思う。

ハッと気づいたときには、

ただの茶色い地面が見えているだけで

何もない・・・。

 

なんかよくわからんが、

俺が体験した夢のような話でした。

今でも疑問なのが、

『みょうみょうみょう』

ってどういう意味なんだろ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)