【謎な怖い話】休みの連絡

中学校の頃の話。

 

朝チャイムが鳴って、

担任の先生が教室に入ってきて

自分を見たとたん、

驚いた顔をしながら怒り出した。

 

「○○(私の苗字)、

お前なんで来てるんだ!

休みじゃなかったのか?」

どうやらチャイムが鳴る五分位前に、

うちの母から

私が風邪をひいて熱が出たから

休むという電話を、

用務員のおじさんが受けたらしい。

 

怒られたのと意味がわからないのとで

一瞬パニックになって、

思わず

「いやいやいや、ちゃんと来てますから!」

みたいなことを笑いながら

口走ってしまった。

 

先生の悪ふざけかと思ったけど、

当の先生は訝しげな変な顔をしてる。

 

でも、家から出るとき

母がいってらっしゃいと

玄関で見送ってくれたので、

私が家を出た後に

母がそんな電話をするわけがない。

 

誰かと間違えたにしても、

うちのクラスには

○○という苗字は自分しかいない。

 

さらに念のため休み時間に

自分で確認してみたけれど、

同じ学年(100人くらい)で

違うクラスの○○の苗字を持つ子は

(男子女子合わせても)

数人しかいない上に、

ちゃんと全員出席している。

 

なぜそんな電話があったのか

わからなかったけど、

元気に登校している以上、

その日はそのまま普通に学校で過ごした。

 

そんなことがあったのも

すっかり忘れてしまった

数ヵ月後のある日。

 

風邪を引いて微熱を出し、

母から学校に休むという旨の電話をしてもらった。

 

一日で熱は下がったので、

次の日ちゃんと学校に行った。

そしたら先生に怒られた。

「お前なんで昨日無断で休んだんだ!」

すかさず「昨日、母が電話しましたよ!」

と反論したけど、

取り合ってくれない。

 

担任が昨日の時点で

他の先生や用務員のおじさんにも確認したけれど、

誰も電話を受けていなかったという。

 

でも嘘じゃない。

自分が居間で座って

うどん食べてる横で、

母はちゃんと学校に電話をかけていた。

 

おかしいと思いながらも授業を受けていて、

ふと思い出した。

 

何ヶ月か前の、

私が休む、という電話。

 

あれってもしかして、

昨日母がかけた

電話だったりして?

時間を超えて、

数ヶ月前のあの日に繋がってたんだとしたら……?

……と考えて、

んな馬鹿なと思いつつ

ぞわっと鳥肌が立った。

 

でも誰かに言っても笑われるだけだろうし、

信じてももらえないだろうし、

この事は自分の中にしまっておくことした。

当時関わった誰か

(母、担任、用務員)が

イタズラしたのかもしれないが、

そんな事をする意味がわからないし、

それはそれで気持ち悪い。

あれはいったい何だったのかなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)