【謎な怖い話】ゆっくりに見える

私は以前、

仕事で精神が擦り切れて

心療内科に通うことになった。

 

ただその通院した医院は

ヤブだったせいか、

過剰に薬を与えられて

逆に悪くなってしまい、

奇妙な体験を何度かすることになった。

ある日、

ながい睡眠から覚めた後、

自分の身体がとても重く感じた。

 

何というか、

重い水の中を動いている感覚だった。

身体をゆっくりとしか動かすことができない。

 

気晴らしに外に出て歩いてみたのだが、

周りの人やモノも

ゆっくりとしか歩いていなかった。

散歩した後、

特にすることが無かったので、

近くのゲーセンで

シューティングゲームをすることにした。

 

『怒首領蜂 大往生』と

『ケツイ ~絆地獄たち~』という

難易度が恐ろしく高いゲームを

プレイしたのだが、

どっちもあっさりと初クリアしてしまった。

 

いつもは途中であっさり死んでしまうのに。

店員さんが「すごいですね、

よくあんな速い弾かわせますね」

と褒めてくれたが、

基板が故障で

ゆっくりとしかゲームが動かないんだから

誰でもクリアできるよ、

と思っていた。

 
当時の人や物の動きを

ゆっくり感じる感覚は、

恐らくプロスポーツ選手が集中したとき、

ボールなどがゆっくり動く、

止まって見える感覚と

同じようなものだろうが、

私の場合は薬のせいで

脳内のバランスがおかしくなったせいで、

それが普通の感覚に

なってしまったのだろう。

通院、薬を止めてから一年以上たって、

体調も精神も

普通に戻ったと思っているが、

今でも普通の時間の感覚に戻っているかといわれると、

あんまり自信が無かったりする。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)