【謎な怖い話】女性だけの祠参り

私が小学校の頃、

お盆になると毎年女だけで、

山の祠みたいなとこに

お参りに行きました。

 

真夜中2時頃から登り始めるんですが、

皆裸足で登ります。

 

アスファルトは途中までで、

石ころが混じった道を

懐中電灯を持って歩くのですが、

その女だけっていうのが、

月経がある女だけなんです。

 

私は小学校6年のお盆から、

大学に進学するまで行きました。

そのあたりの家みんなが

集まってするので、

友だちの顔も見えたりするのですが、

なんせ懐中電灯が

1個だけなのでよくわかりません。

 

集まった中の一人の人が、

祠の前でお経みたいなのを唱えて、

みんなはそれを真っ暗やみの中聞く。

 

終わるとまた同じ道を通って帰るのです。

その間、誰も口を開いてはいけないのです。

小さいころから普通に行われていたので、

なんにも不思議は感じませんでした。

 

高校最後の夏、

お経が唱えられている時に、

私は虫に刺されて、

「痛ッ」

って声出しちゃったんですね。

 

真っ暗だったから、

みんな無言で

『誰だ誰だ』みたいに当たりを伺ってて。

 

もう私はドキドキしちゃって、

でもバレたらマズイと思って、

みんなみたいにキョロキョロしました。

 
お経を唱えていた人

(毎年持ち回りでした)

がこっちに走って来て、

私の隣の子の顔を懐中電灯で照らすと

(その人だけ懐中電灯を点けていました)、

バシバシ叩きはじめました。

 

周りの大人もです。

怖くて、私はなにも出来ませんでした。

それからの記憶はなくて、

気付くと自分の部屋で朝になっていました。

 

母に昨晩のことを聞いても、

「なにも知らない」

と言うばかりです。

 

かといって、

私だったなんても言えない雰囲気で…

結局、その叩かれた子が誰かもわからず、

私は大学に入るために上京してしまって、

そのまま結婚したので、

お盆のその行事には参加せずじまいです。

 

まだ行われてるかもわかりません。

叩かれた子には悪いことをしました…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)