【謎な怖い話】おてんぐ山

子供のころ、

数日間田舎に預けられることがあった。

 

群馬の山間部にある

比較的大きな家で、

裏には『おてんぐ山』と

呼ばれているじいちゃんの持山があった。

 

やることがないと、

その山で落ちているセミをとったり、

ウロウロと歩き回ったりして

時間を潰していた。

 

だが、『絶対に山頂に向かってはいけない』

と言われていて、

ある場所から奥へは入ったことがなかった。

迷子になりそうだったので、

それより奥に行こうとも思わなかった。

 

ある時、

おてんぐ山で遊んでいると、

不意に男の子が現れた。

 

僕よりいくつか年上で、

多分小学四年生くらいだろうか。

 

セミの取り方を教えてくれて、

「もっといい場所がある」

と促され、

僕は初めて山の奥に足を踏み入れた。

 

途中のことはあまり覚えていないが、

着いたのはおてんぐ山の山頂だった。

 

小さく狭い山頂には、

古いがわりと立派な

祠のようなものが建ててあった。

 

セミをとるのにい居場所とは思えないが、

その祠を見て

何か新発見をしたような

満足感を感じていたと思う。

 

しかし、時刻はすでに夕刻で、

山頂も薄暗くなりかけており、

戻る道はもう暗くなっているようだったため、

早く帰ろうと思っていた。

 

そう申し出ても、

男の子は

「祠を開けて、中の床板を剥がしてほしい」

と懇願するので、

祠の扉を開いた。

 

中にはこれといって石仏や

観音の類いもなく、

がらんとして埃ぽかった。

 

「床板は剥がせない」

と渋って見せたが、

彼が言うには、

床板の下には何か宝物があるらしい。

 

苦労して床板の一部を

何とか開けることができた。

 

中には薄っぺらくて

ボロボロに錆びた刀剣のようなものがいくつかと、

古銭が散らかっていた。

 

錆びてガスガスだけど

本物の刀だと思い興奮したが、

子供の手でも容易に折れるほど朽ちていた。

 

もっといいものはないかと

奥をのぞきこんだが、

暗くてよく見えず、

見える範囲では目新しいものはなかった。

 

もっと開けてほしいと頼まれたが、

祠を壊すことの祟りや

叱責を恐れるべきなのと、

もう暗くなってきたことを理由に拒んだ。

 

男の子はがっかりした様子だったが、

僕に古銭を何枚かよこして

「ありがとう」と言って、

一本道だったが、

帰る道筋をおしえてくれた。

 

不安だったので

「一緒に帰ろう」と言ったが、

「一緒には行けない」と言われた。

 

祠は直しておくから

心配無用とのことだったので、

僕は暗い山道を懸命に戻った。

 

途中で心配して探しに出たじいちゃんと出会い、

おんぶしてもらって山を降りた。

庭先にはばあちゃんが心配そうに待っていて、

「ああよかった」と安堵しながら、

「手に何を持っているの」と尋ねきた。

 

「昔のお金、これ本物だよね?」と、

価値の確認のために古銭を見せると、

二人の顔色が変わった。

 

男の子がいて、

二人で遊んだ事や、

祠を見つけたことなどを話し、

古銭は彼にもらったものだと話した。

 

じいちゃんは、他に何を話したか、

何か約束をしたか、

彼は名を名乗ったか、

などを執拗に問いただしたが、

具体的なことになると、

何故か遠い昔の記憶の様に曖昧であった。

 
もう、おてんぐ山に

のぼってはいけないと釘をさされ、

以降おてんぐ山には行っていない。

 

その男の子は山の神なのか

祠の下を探していたのはどうしてか

尋ねてみてくれ
話はそれからだ

 

男の子に禍々しい印象はないが、

神仏の類いにしては何か弱々しく、

祖父母の警戒の仕方が変だと思う。

 

床下の下には宝物があると言っていたが、

それが何か、

或いは本当なのかは不明。

 

祖父母はすでに他界し、

両親に聞いても、

おてんぐ山の山頂に

祠があることも知らない。

もう何十年もたったので

今さら真相究明もするきはないが、

ついでがあれば田舎に行って

山にのぼって 見よう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)