【謎な怖い話】かまいたち

中学生の時、

数学の小テスト中に

カマイタチに指を切られた事がある。

 

右手で机の端を?んでたら一陣の生暖かい風…

隣の男子Bが

「先生窓閉め…ちょ!!Aの指~~~!!」

と言って机椅子ごと倒れる。

指を見た先生が

「ちょちょッ!A~指落ちッおち落ちるがな!」

と大騒ぎw

見たら、自分の人差し指の

第二関節からザックリ切れてた。

 

急いでハンカチ取り出し握り締めて、

ぎゅっと握って押えて、

「先生!まだ落ちてないよw」

先生は放心状態で

「落ちてにゃいと?」。

保健委員&目撃者のBに

保健室に連れて行ってもらったが、

指に切り傷はなく、

線が一本入ってただけ。

保健の先生

「え~と…至極浅い傷だったのかも?

そう言う事にしとこう」。

その時自分は教室の真ん中の席だったし、

生暖かい風を感じたのは

自分と隣の男子だけ。

窓辺の子は知らんと言ってた。

 

ザックリ切れてたのに出血が少なくて、

ハンカチで押さえて滲んだだけ。

押えた事で切り口がズレたのか?

 

未だに右手人指し指の第二関節に違和感がある。

昭和二十年頃までは

狐狸に化かされる事が多かったらしい

山間部の田舎です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)