【謎な怖い話】直視できない石

鹿児島の旧家である

本家にあるものなんだけど、

俺は中学のとき一度だけ

見せてもらったモノ。

 

『直視できない石』

って言われてるものを見せてもらった。

 

正式な名前は別にあるけど、

それを書くと本家の名前が

バレちゃうから書けない。

で、その石は締め切った

土蔵の中でだけ見せてもらえた。

 

数本の蝋燭の火だけある中で、

小さな箱の中に鉄の箱が入ってて、

さらにその中に

厚手の布で包まれたそれがあった。

 

妙に立方体に近い

黒曜石って表現が正しいと思う。

 

色は蝋燭の光にあおられてから

よく思い出せないけど、

たぶん黒曜石のように

ガラス質の黒い色だったんだと思う。

 

だけど奇妙なのは、

角ばってるはずの

その石の角がハッキリ見れないこと。

 

台に置いあって

誰かの手の上にあるわけじゃないのに、

輪郭がブレているように見える。

 

目を凝らしてみてもよく見れなくて、

本当にその石が

そこにあるのかが疑わしいような感じ。

 

まるで立体映像のような・・・

でも実体は確かにあった。

 

コレってどんな鉱石だったのか、

調べてみても近いものが見つからない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)