【謎な怖い話】給湯器の点検にきた謎の人

ある日曜、

部屋にいたらチャイムが。

 

いつもなら居留守だけど

たまたま出ると、

「マンションからの依頼で

給湯器の点検にきました」

 

マンション側そんな告知してないけど・・・

いつも告知するのに。

 

と思いつつ、

のんきな昼下がりだし、

うち道路に面した一階だし、

作業服来た二人の男を入れた。

 

普通に給湯器を調べてるような

作業して普通に帰って行き、

別の部屋も回っている模様。

(でも告知がないから開けない部屋もあった)

 

その一時間後くらい、

ベランダに干してた

洗濯物取り込んでると車が止まり、

別の男性二人が近づいてきた。

 

男1「ここらへんで作業服きた男捜してるんですけど、

見かけませんでした?」

 

自分「給湯器の点検屋さんならきましたけど・・・

(聞かれるままに人相等の説明)」

 

男1「○○!すぐ××県警に連絡して!!!!」

 

○○と呼ばれた男は

ばたばたと車に走っていく、

男1も自分にお礼を言って

走って行った。

 

それから何もなく過ごしたけど、

あの給湯器屋さんはなんだったんだろう・・・。

あと、すごい台風の夜、

外に出たらなんか声がする。

でも人がいない。

 

頭上を見上げたら、

横に立ってた電柱にしがみついて

自分を見下ろして笑ってる

Tシャツにジーパンの男がいた。

 

マンションの三階くらいの

位置にしがみついてて、

すごい雨と風なのに

声をあげて笑ってて怖かった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)