【謎な怖い話】北朝鮮旅行記

あるサイトに掲載されていた

北朝鮮旅行記。

 

サイト管理人は知人と、

前々から興味のあった

北朝鮮に旅行に行く事になる。

 

観光の内容は、

万景台学生少年宮殿というところで

優秀な子どもたちの出し物を見たり、

サーカスを見たり。

 

出し物をしてくれる子供たちが

ガリガリだったり、

国民に表情が見えなかったりと

不気味さはあるものの、

管理人は観光を満喫していた。

北朝鮮での買い物は

北朝鮮人が使う普通のウォンではなく、

外国人用の外貨兌換券を使う事になり、

現地のガイドに

そのレートは二倍くらいの差があるという説明を受ける。

(ちなみに外貨兌換ウォンだと1ウォン=60円)

 

普通の100ウォン札には

金日成の肖像が印刷されていて、

北朝鮮旅行の記念に管理人は欲しがり、

兌換ウォンとの両替を

ガイドにお願いするが、

絶対に国外持ち出し禁止という事で

断られてしまった。

 

そして旅行が終わって、

管理人は中国経由で帰国することになる。

 

ついでに中国のお土産屋さんを覗いてみると、

なんと国外持ち出し禁止のはずの

普通の100ウォン札が売られていた。

 

値段は(値切ったりした結果)

10元(130円)で買えるとのこと。

 

北朝鮮人の平均月収は

200ウォンらしいのだが、

ガイドの説明から

月収6000円を予想していた管理人は、

あまりの落差にショックを受ける。

 

管理人ももちろん北朝鮮が貧しい国なのは

本や報道で知っていたが、

自分が兌換ウォンで

普通に買い物をしたり

運転手に差し入れをもらったりしていた事から

丸め込まれていた、

と反省する。

 

ガイドも「この国にはなにも物がない」

「もらえるなら砂糖一個でもありがたい」

という発言をしていた事を思い出し、

もっとガイドや出会った国民に

なにかできることがあったはずなのではないか?

という後悔で旅行記が終わる。

 

要約してみると

あまり後味の悪さが伝わらないかもしれないけど、

旅行中のおおむね楽しそうな

北朝鮮観光の描写から

一気に現実に引き戻された感があって

衝撃的だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)