【謎な怖い話】食中毒発見器の友人

以前、仲間と山に登ったとき

(一人除いてみんな登山初心者。

このときは登山というかハイキング)

その唯一山に詳しいやつが

道端のきのこを指差して、

「これ食べられるキノコだよ」と言った。

「美味いのか?」

「鍋にしても焼いたりしても最高」

「じゃあちょっともらっていこうか」

という流れになったとき、

初心者のうちの一人が言った。

「それ、毒キノコだよ。

食べたら駄目だ」

俺たちは知っている。

 

別の集まりの中で、

彼が「食べてはいけない」といったモノが、

表面上は良くわからなくても、

ことごとく駄目になっていたのを。

 

それを「平気平気」と食った奴が、

大抵青い顔して

トイレに駆け込んでたり、

ひどいときは病院行ったり。

 

大抵彼の避ける食材・料理は、

悪い意味での当たりモノだった。

「なんとなくわかるんだよ、

食べちゃいけないモノが」

彼は仏頂面でそう言っていた。
であるから、

「お前がそう言うなら、やめておこうか…」

という空気になったとき、

山ベテランの奴が妙に興奮しだした。

 

「俺はこいつより山に詳しい!」

「こいつより俺の言うことを信用すべき!」

「食えないのか?」

「俺の言うことが信じられないのか!!」etc,etc…

全員で(;゚Д゚)!?となり、

とりあえず宥めようとするも、

ベテランの怒りはヒートアップ。

 

間違いを指摘されたのは恥ずかしいが、

キノコの見分けってプロでも難しいらしいし、

しょうがないんじゃね?

なんでそんなにキレるのか?

と訳がわからなかった。

 

すると、「食べちゃ駄目」発言した奴が、

すっと山ベテランの前に出て、

スパーン!

とその頭を思いっきり叩いた。

 

その瞬間ベテランは( ゚Д゚)?という顔になり、

「あれ、お前らどうしたの?」

という発言が飛び出した。

 

「なんとなーく食べちゃ駄目って

わかるんだけどさあ、

やな感じがして。

あのときのあいつも、

なんかそんな感じでさあ…」

と、後に食中毒発見器は言っていた。

あれ?山にまつわる怖い話かこれ?

まあとりあえず、

キノコにはお気をつけください。

それと、山の怪工作員は

本当にいるのかもしれん…

平静になったベテランに、

食中毒発見器が

「これ食えるキノコ?」

と訊いていたが、

ベテランは、

「そういうのお前のほうがわかるんじゃねーの?

これ毒キノコだよ。

そんなの食べたいほど腹減ってんのwww?

そろそろお昼にするか?」

と、あっけらかんとした様子で答えていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)