【謎な怖い話】タンポポみたいな花

父の話。

近所の丘に毛がはえたような

山があるんだが、

そこを散歩中、

たんぽぽのような花を見つけた。

 

季節は2月半ば、

寒い日が続いてた。

 

こんな時期にたんぽぽ?

と不思議に思いひっこぬくと、

ぶわっと温風。

 

気味が悪くて、

花をそのへんに放って下山した。

その日1日、

春のように暖かかった。

 

3日ほど小春日和が続いた後、

また父が山にいくと、

まだ放った花が枯れずにいた。

 

もとの地面にさして山をおりると、

町は急に寒くなっていた。

いつ頃の話かは知らないが、

そのときから

「春は○○山から出てくる」

というのが父の持論。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)