【謎な怖い話】だれかに見られている

ひとりで山を歩いている男がいた。

夕闇が迫り、自然と足早になる。

 

木が風に揺れ、

ざわざわと音をたてた。

 

びゅうっと風が通り抜けた。

男は奇妙な感覚に襲われた。

誰かが、自分を見つめている。

それも大勢の誰かが、息を殺して。

 

急に寒けを覚えて立ち止まる。

ふと後ろを振り返ると、

女の子が立っていた。

「おめは死にびとか?」

女の子は不思議そうに訊く。

 

逃げ出したい気持ちを抑えて首を振った。

「こっち」

女の子に手を引かれ、

けもの道を夢中で走った。
ハッと我に帰ると山道の入り口で、

一輪の花を持って立っていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)