【謎な怖い話】不思議な中学校

俺、中学の時は不登校で、

(今はなんとか大学まで来れてもうすぐ就職だけどね)

 

中学二年から一年くらい

学校に行かなかった時期があった。

 

なんか不思議な感じがする学校でね。

放課後、皆で教室で喋ってたら、

急に静かになって教室には誰もいない。

知らない間に自分ひとりなんだ。

 

なんというか・・・

朝から晩まで常に

夕焼けみたいな感じがする雰囲気だった。

 

友達とかは全然そんなこと感じないって。

過疎化の進んだ村なんで

昔っからの友達ばかりだし、

そんな悪戯されるってことはないだろうし・・・

 

こりゃ何かの病気?と思った自分は、

精神科医とか内科とか巡ったけど、

異常はないって言われる。

 

ちょっとノイローゼ気味になった俺は、

学校に行きたくなく、

仮病を使って引き篭もりを続けた。

 

けどね、俺が引き篭もってる間に、

後輩が自殺したんだ。

 

家は建て替えて、親も兄弟もいて、

特に苛められてるわけじゃなく、

ボケ担当的な人気のある後輩が。

 

なんかそれ以降かな?

学校の嫌な感じが微塵も感じられなくなって、

学校に行けるようになったんだよ。

 

自分の問題を後輩の自殺とくっつけるなんて、

どうかと思うけど・・・

 

まぁ今じゃその学校は、

生徒減少に伴い取り壊されてしまったんだけどね。

 

けど中学の友達と話すと、

俺が不登校の間に休んでることを、

「遠い世界へ行きました」って

説明で先生から伝えられてたらしい。

 

そんな説明で不登校の生徒に

気を使うっていうのも疑問だし・・・

まして中学で。

 

なんだったんだろう、

あの中学校。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)