【謎な怖い話】本の虫の家で起きた出来事

小さい頃、

友達の家に遊びに行ったんだ。

 

そいつの家は本の虫一族で、

部屋の一つが巨大な本棚だった。

 

そいつに「面白い本が何か無いか?」と聞くと、

そいつは先ず、

一冊の本を

そいつの胸元ぐらいから引き出して、

その本の内容をパラ見してた。

 

そいつはその本を読んだまま、

右手をちょいと右手に出した。

 

すると、本棚の最上段から

本がずるっと一冊だけ、

そいつの右手に納まるように落ちてきた。

 

「この本、写真が多いから面白いよ」

そう言って、

そいつは自分にその本を差し出してくれた。

 

当時は何とも思わなかったけど、

アレは一体なんだったのだろう…

 

そういえば、返す時もそいつ、

本をぽいと投げて、

その最上段の隙間に入れてた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)