【謎な怖い話】山の集落であった出来事

徳島の田舎。

当時10歳の私と祖母は、

山菜取りに山の中に行った。

 

よく晴れた気持ちのいい日だった。

小休憩の間に林の中をうろうろしていると、

少し開けた草むらに私は

2、3件からなるバラックの集落を見付けた。

 

妙な気配に振り向くと男が三人、

近くの茂みの暗がりから

じっとこちらを見つめている。

 

身長はでこぼこだが、

三人とも小太り、

目が大きく丸刈り、

と驚くほど似ていた。

 

そして。

男たちは、

頬を風船のようにふくらませ

顔を真っ赤にしながら、

こちらに向かって

必死に息を吹きかけ始めた。

私は恐ろしくなり、大声で泣いた。

 

大声で泣き続ける私。

男たちは「ふー!ふー!」と息を吹き付けながらも、

今や茂みを出てじりじりとこちらに寄る。

 

その時、私は背後から何かに顔を掴まれた。

祖母であった。

「息、止めれ!」私に言う。

止めようにも祖母に右手で

口、左手で鼻をつままれた私は窒息寸前。

 

ヘッドロックの様な体勢のまま、

祖母は私を引きずりながら駆け出した。

 

山道に出て祖母は

私のホールドを解くとぺたんと座り込み、

泣きだす。

「あの人たちはなァ、可哀相なんだぁ…」

と言いながら。

家に戻って私が祖父にその話をすると、

祖父は祖母を力一杯殴りつけた。

 

ばあちゃんがまた泣いたら可哀相なので、

じいちゃんに聞くと、

じいちゃんは突然「阿呆!」

と叫んで立ち上がり、

夕食の支度で台所にいたばあちゃんの首筋を

後から思い切り殴りました。

 

結果的にばあちゃんを更に泣かせることになり、

そんなこんなで詳細は聞けずじまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)