【謎な怖い話】消えた包丁

学生時代、ワンルーム借りて一人暮らししていた時の出来事。

 

その日はちょっと手の込んだ夕飯を作っていた。

慣れないことをしたものだから、

狭いキッチンを右に左にバタバタ。

 

鍋に気を取られていると「ガサッ」と音がした。

かろうじて置けていた傾いたまな板から包丁が床に落ち、

レジ袋に不時着した音だった。

 

「もう完成するし、後でいいや」と、

落ちた包丁を放置したまま夕飯を食べた。

 

夕飯を食べ終わり洗い物をする訳だけど、

落とした包丁が見つからない。

 

転がるものでもないし、

なによりまな板の下のこの袋に落ちたのを見ている。

 

仕方がないので床に散乱していた全てのレジ袋を畳んでみたが、無い。

あまりに見つからないのでキッチン周りの大掃除に発展。

すっきりピカピカにはなったものの、

肝心の包丁は発見できなかった。

 

唯一の包丁、

しかもセラミック製のちょっと良いモノだったので、

何としても発見せねばと時々探してはいたものの、

見つからないまま年月は過ぎ、

部屋を引き払うことになったので荷造り&大掃除。

 

結局、最後まで包丁が出てくることはなかった。
この後、実家でも落とした包丁を1本行方不明にしている…

母さんごめん。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)