【謎な怖い話】高熱の原因

幼い頃からよく熱を出して寝込んでた 。

 

決まって見る夢が妖怪の夢。

水木しげるの鬼太郎に出てくるような

妖怪が夢うつつに出てくるんだ。

 

ろくろ首とか、狐っぽいのとか、

そういう類の連中が出ては怖がってた 。

 

熱出すと、一人だけほとんど看病もなく

放置されるように別の部屋で寝かされてたもんだ・・

 

なにせ両親が不仲で、

子供に構う余裕がなかったものでな。

 

父親は、

わざわざ部屋に満面の笑みを浮かべつつ

「ほら、あそこにお化けいるだろ!」っ言って

去ってゆく始末。

壁のシミがお化けに見えてしょうがなかったな 。

 

小学5年の時だった。

ちょうど「新日本プロレス」が

ゴールデンでやってた時代だよ、

アントニオ猪木とか絶世時代だったな 。

 

いじめられっ子だったけど、

学校でプロレスごっこはよくやってた 。

でもけっこう楽しかったと思う 。

 

その日も高熱を出して寝込んでた 。

2段ベットの上にいて、

のっぺらぼうが迫ってくるんだよ、

天井を逆さにな 。

 

コイツはいつも熱を出すときに必ず現れてたっけ 。

キン肉マンの「マウンテンマン」って知ってるか?

柔道着みたいのを着ててな、

その時も天井を逆さにこっちに迫ってくるんだよ 。

 

怖くて指差して泣きながら、

「来た~こっちに来る~!」って泣き叫んだ 。

 

オヤジに言ったけど

「そんなのいねーよ、ヒヒヒ・・・~!」

みたいなこと言われたっけ 。

 

でもなぜか、その時はやたら頭にきて

迫ってくる「マウンテンマン」の顔面にオラー!!って

正拳突きを入れた 。

 

顔面にのめり込む、

生暖かい感触があったのを覚えている 。

 

それからだよ、

高熱にうなされることがなくなったのは・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)