【謎な怖い話】檻の中の猫

中学生の頃、近所にある細い道の脇に、

電話ボックスぐらいの大きさの檻があった 。

 

刑務所の檻みたいに、

コンクリートと格子でできたやつ 。

そこに10匹以上の猫がいた 。

 

いつも見ても狭い檻の中にいるし、

猫たちはみんなやせてて汚らしく、

息ができないくらい臭かったので 、

檻の中で閉じ込められて飼われていたんだと思う 。

 

ある日の夜、自分の部屋で寝ていると、

外からたくさんの猫の鳴き声がした 。

 

うるさいので追い払おうと思い、

外に出ると異常に臭い 。

あの檻にいた猫たちの臭いだった 。

 

とにかく追い払おうと、近寄ったり、

手で追い払うしぐさをしてみたが逃げる気配はない 。

 

それどころか何匹かの猫はじっと自分を見つめていて、

なんだか気持ち悪くなって家の中に逃げ帰った 。

 

その後あの檻を見に行ったが、

いつもと同じように猫たちが入っていた 。

どうやって檻から出たんだろうとか、

もともと檻から出られるなら

どうしていつもあそこにいるんだとか、

そもそもあの檻は何なんだとか、

未だによくわからない

 

猫たちはあれから数年したらいなくなってた 。

今は檻だけ残ってる 。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)