【謎な怖い話】長い猫

20年位前、ブロック塀の向こうに猫がいた。

ニャー(・∀・)│ 塀 │ ←こんなカンジで塀から顔を出していた。

猫好きなんで近寄ったら、

ニャー(・∀・)│ 塀 │)~ ←ケツと尻尾が出てた。

塀の横幅はざっと3m位。

 

びっくりして塀を覗き込んだら、

猫はケツ向けてダッシュで逃亡。

 

後ろから見た姿は、普通の一匹の猫だった。

呆然と見送ったのを、ずっと忘れてた。

 

今日買った竹本泉のマンガに、

『紙魚』と言うまさに自分が見た様な

蛇の如く胴の長い子猫キャラが描かれてて、

Σ(゚Д゚;)<これ!見た!てな状態なう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)