【謎な怖い話】集落で起きたこと

今日、仕事で付き合いのあるCGデザイナーさんから聞いた話です。

その方(以下Sさん・年齢50代)の出身は中部地方の山深く、

80人ほどが暮らす集落。

 

その集落には、

Sさんと同学年の子供が男性ばかり8人いました。

 

当然、小・中学校も一緒。

さすがに全員同じ高校というわけにはいかなかったようですが、

それでも登下校の際や町内会の行事で顔を合わせれば、

すぐバカ話で盛り上がる仲良しグループだったそう。

 
…ところがこのグループ、30年以上経った現在、

8人中5人が『精神を病んで』しまったようなのです。

 

ひとりは極度の麻雀中毒に陥り、

一睡もしないまま雀荘から仕事場へ、

という生活を続けているうち、

勤務中にポン!、と。

 

ひとりは妻に逃げられ、

酒びたりの生活の揚句にポン、と。

残りの方の原因は詳しく語ろうとしなかったSさんでしたが、

もう一度静かに「8人中5人だぜ…」と呟きました。

 

余談ですが、

「オレがポン!といっちまう時は、

忙しい仕事に追い立てられて、

つうパターンだな」

と仰るSさんに、

来週月曜納期の山盛りのシゴトを

発注したのはオレです・・・

で、その話をしながらのSさんの分析。

「やっぱ田舎だからさ、

オレらのもう少し上の世代が、

近親婚とかしてたんじゃねぇのかな…」

 
オレの分析。

「小さい集落なら、

全員同じ病院で生まれたはずでしょ?

彼らがお腹の中にいたとき、

何かヤバイ薬が処方されていて、

それを母親が飲んだ家の子どもが…」

 
まあいずれにせよ、

5/8というのは尋常ではない確率です。

 

でも、OLであふれかえるイタ飯屋で、

その原因を延々議論するオレとSさんって一体・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)