【謎な怖い話】謎の発光体

これは過去私が実際に体験した、

3回に渡って謎の発光体を見た話です。

 

1回目。日付は確か89年の12月頃。

当時自分は大阪で大学生をしていました。

 

夜の11頃、アルバイトが終わり、

帰る方向が同じ先輩のクルマに乗せてもらって帰宅途中の事。

 

助手席に座って運転する先輩とお喋りしていた私は、

突然フロントガラス前方上空に

「バシバシ!」とスパークする光を見てビックリし、

思わず「あれ、何?」と叫んでしまいました。

 

先輩は私の声に驚いて「おおっ」とか叫んだが、

その時にはもうその光は消えていました。

見たのは私だけだったようです。

 

時間にして1-2秒。

色はエメラルドグリーンもしくは青です。

 

この時は、上空を火花を散らすような感じで

横に飛んでいるように見えました。

 

2回目。それから3か月ほどだった90年2月頃。

やはりアルバイトの帰りで、

時間も同じ頃だったでしょうか。

 

今度は一人でバイクに乗って帰宅途中、

とある住宅街の坂を登っていたら、

前方の空から「ヒョロッ」という感じで

光が空から落ちてきました。

時間もほんの一瞬。

 

色や形状は前回と同じようなものですが、

今度は上→下です。

 

ちなみに、場所は前回目撃した場所から

3-4キロは離れていると思います。

 

3回目。

2回目の目撃から20年近くたった08年11月頃。

 

場所は中国地方のとある山間部にある私の実家の近くです。

用事があって実家にクルマで行き、

帰る途中、時間は夜8時頃。

 

前方の空にまたしても上空から落ちてくるスパークする光を見たのです。

色、形状は前2回と同じ。時間もまた一瞬。1-2秒。

まさか20年近くたって、

全く別の場所でまた同じものを見るとは思いませんでした。

 

流れ星とかも

『ペルセウス流星群』

『しし座流星群』

とか昔からよく見てましたが、

そういうものではありません。

 

第一、その光と私までの距離が

どう見ても数百メートルくらいで近すぎます。

 

『大気圏に入って燃え尽きた落下隕石』と

解釈すれば科学的にも妥当なのでしょうが、

逆に考えれば、

普通の人間はそんなもの一生に一度も見ないでしょう。

 

私だけこの20年に3度も全然別の場所で見たというのは、

確率的にもありえないことなのではないでしょうか。

 

他人もあんなものをよく見るのか、

聞いたことがないから知りませんが、

気になります。

 

ただ、霊的なものではなく、

自然現象とは思ってますが不気味です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)