【謎な怖い話】足の爪

流れぶった切るけど昨日起きた不思議な話

 

クラシックバレエをやってるとトゥーシューズで圧迫されて

いつも爪がボロボロだから濃い色のペディキュアを塗ってる

 
でもズボラだから塗るのは人様に足指を見せる時だけで

それ以外は剥がれかけのペディキュアのまま過ごしてた

女子力皆無

 

で、最近一番最後にペディキュア塗ったのは1ヶ月以上前だから

勿論ボロボロの筈…だったんだけど

先週、急遽好きな人に裸足見せる事があって

その時なぜかペディキュアが綺麗に塗れてる状態だった

 

しかも私が持ってない真っ青でラメの入ったペディキュア

全く身に覚えが無いのでびっくりしたけど

とりあえず彼の前で汚い爪見せなくてすんでホッとした

しかも色艶も綺麗で深い海の底みたいで自分で塗るよりも断然美しかった

 

決起その爪は次の日にはいつも通りに戻ってた

それと関係あるか知らないけど

 

今度出る舞台が「海と真珠」というやつで

男性1人と女性2人で踊るんだが

そのペアになった女の子が指にしていたのが

そっくりな青のマニキュアだった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)