【謎な怖い話】大きな音

岩手住まいなので、今日聞いた話

当方は岩手の南部地域の生まれなんだけど、

ある日、若かりし頃の親父が畑で土いじりしていた時だった

 

突然「ドーン!」という重苦しい爆音が空の北の方から聞こえ、

一体何だとばかりに親父はハッと顔を上げて空を見上げた

 

けれども空には何の変化もなし。

当時は爆音機すらなかったから

「今の爆発音は何だったんだ?」

と思いながらも、

親父は畑仕事を再開したという

 

その日、畑仕事に疲れ果てた親父は、

テレビを見て絶句した。

 

自衛隊機が旅客機と接触し、

旅客機が山中に墜落したというニュースが繰り返し流れていた

 

その日は折しも1971年の7月30日、

あの有名な「慰霊の森」の事件を起こした雫石全日空機墜落事故の、

まさにそのときだったという

 

実家は事故現場からゆうに100キロ位上は離れてるけど、

親父はその爆音を確かに聞いていたのだ

 
事故調査書によれば

「事故発生時の衝撃音は○○市まで聞こえた」らしいので、

まぁ聞こえたのはまず間違いなく、

件の接触事故そのものの音だったのだろうが

面白いのは、2011年の3.11のとき。北東北の人間なら覚えていると思うが、3.11の一時間後ぐらいに
地面の摩擦によって発生した静電気による雷鳴が「ドーン」と、ただ一発だけ轟いたのを覚えているだろう

あの時の「たった一発だけの雷鳴」の音は、親父に言わせれば「地震で飛行機が墜落したのかと思った。本当に背筋が凍った」と言うほど、
かの「慰霊の森」の事故発生の時の音に似通っていたそうだ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)