【謎な怖い話】家に届く生肉

去年の11月の初めころから、

家の中にちょくちょく生肉が落ちている。

 

この間なんかスリッパの中に

くちゃっと丸めて入れられていた。

 

それも、どれも売っている肉とは違って

まだ微妙に皮と白っぽいうぶ毛がついている

豚肉みたいなピンクの肉。

 

俺さ、マンションに一人暮らしなのよ。

こんな気味の悪いいたずらするような

同居人、居ないわけよ。

 

だから、これといって害があるわけではないけど

なんだか気味が悪いなー程度には思ってたの。

 

で、正月に久しぶりに実家に帰ったとき、

その話を親に冗談半分で言ってみたのね。

 

そしたらトーチャンとカーチャンもふざけて、

「じゃあギヤマの神さんに一回見て貰おうか」

って事になった。

 

この”ギヤマの神さん”っていうのは、

俺の田舎の山の中にある神社の拝み屋のばあさんの事。

 

ナントカっていう神様を代々守り続けて奉ってるから

神さんって呼ばれてる。

ギヤマは多分屋号。

 

俺の田舎は誰かが突然居なくなったり、

狐憑きみたいになって

暴れまわるようなことになったときは

まず第一にこの”ギヤマの神さん”に見て貰うって言うのが

定石な割と迷信深い村なのよ。

 

んで、お昼ごろに車走らせて親と神社に行ったんだけど、

そこで”ギヤマの神さん”に見て貰った結果。

 

「家に落ちてる体の一部(生肉の事)は

あんたの元にこれから生まれてくる子供のもの。

 

あんたが今まで何をして来たかは私には分からんが、

あんたのせいで生まれてくる子供の体が削り取られてる。

 

生まれてくる子供は五体満足じゃない。

でも、きっとあんたの元に生まれてくるよ。」

ってなもんだった。

 

俺も両親もそこまで信心深いわけではないが、

多少なりとも焦った。

 

でも、どうすれば助かりますかって

すがりつくカーチャンに対する神さんの返答は非情だった。

 

「私にはどうする事も出来ん。

全てはあんたの息子の業だ。

どうすることも出来ん…

関わりとうない…

私まで呑まれる…」

 

俺としてはその業とやらには何の身に覚えもなかったし、

始終(´∵`)こんな顔だった訳だけど、

そのまま文字通りどうする事も出来ずに

実家を後にして数週間がたった一月の終わりごろ。

 

付き合ってた彼女の妊娠が判明しちゃった。

今でも家の中には時々生肉がへばりついてる。

俺は一体どうすればいいんだろうね。

誰か助けて。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)