【謎な怖い話】変わったお婆ちゃん

うちのばあちゃんは仏教に傾倒してて、

毎日仏様の話をしてくれたり、

お経の話をしてくれる。

 

とても熱心だし、

いろんなことを知ってるし、

確固たる宗教観があるらしい。

 

小さいころから世話になってるから

大好きなばあちゃんなんだが、

なにせ妙に排他的。

 

キリスト教も新興宗教もひっくるめて

馬鹿にしてる。

(もうこの時点で相当いやなんだけど…)

ある日、ある大学の学園祭に俺が遊びに行くと、

面白そうな政治関連のディスカッション?を

やるっていうんで、見に行ってみた。

 

そしたら、それは幸○の科学。

えんえん大川のビデオを見せられてイライラした挙句、

ロハで何冊も本を押し付けてきた。

 

んで、家に帰ってから捨てるわけにも行かず、

新興宗教の類を馬鹿にしてるばあちゃんなら

一笑に付して捨てるだろうと思って、

軽い気持ちで本をあげた。

そしたら、ばあちゃんが見事にはまった。

 

その本を読みふけっていちいちご尤もだって言うし、

毎日のように「大川先生はね…」とか説教してくる。

 

母ちゃんに言わせると、

「弟子にでもなったつもりなんじゃない?」

大川がいかに偉大で

正しくて選ばれた存在かを語る。

 

遠まわしに興味ないと言っても駄目、

直接的に「大川は俺が信用してないから嫌だ」

と言っても駄目、

ばあちゃん最近変だよって言っても

聞いてくれない。

むしろこっちを罰当たり呼ばわりしてくる。

 

それ以来、ばあちゃんはちょっとずつ

電波っぽくなってる。

 

じいちゃんがいかに愚鈍かっていう

文句ばかり言うし、

自分が正しいと信じて疑わないのがひどくなった。

 

後日談なんだけど、

つい先日、弟がいつのまにか行動起こしてた。

 

「村上隆法の本知らない?」

(名前まちがっとる)

ってばあちゃんが言い始めて、

ついにボケがひどくなったかと思ってたら、

弟が影でこっそり、

「あの本なら僕が処分した」

ヤッテクレル…

 

電波具合はボケとプライドのない交ぜが原因だから

変わらないけど、

それ以来宗教話は少し元に戻ってきて、

最近は般若心経どまりになってきた。

 

誰にも言えなかったから

文字にしてすっきりしたし、

本を捨てられなかった俺がマズかったこともはっきりしたから、

助かりました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)