【謎な怖い話】変わったバイト先

昔勤めてた職場が変だったな。

 

まず、初日から子供の気配がする。

天井からばたばたと足音がして、

子供の声が聞こえる。

 

気になって

「上って何があるんですか?」

って聞けば、

「うちが借り上げてて、

空き事務所で仮眠室になってるけど、

コレ(現象)は気にしないで、

よくあるのよ」

これは月に二,三度はあった。

 

次元が歪んだドアがある。

これは俺は二回だけ。

 

そもそも事務所の間取りが狂ってて、

メインの入口と裏口が二ヶ所にある。

 

裏口の方はなんか用途の分からない外廊下と

外階段(兼非常階段)があって、

外階段を登ってきてすぐに一つ、

廊下をちょっといくともう一つ。

普段は登ってすぐのドアで出入りをしてる。

入るとすぐボスの机がある。

 

要するに、ボスの机の背後両端にドアがある状態。

わかりにくいけど。

で、そこのドアの次元が歪んでる。

夜ふらっとコンビニ行って帰ってきて、

階段すぐのドアで中に入った筈なのに、

何でか奥側にいる。

 

あれ?と思って後ろ振り返ってみても

やっぱり奥側のドア。

 

変な顔してドア開けたり閉めたりして

首ひねってたら、

「あー、手前から入ったのに奥から出てきたんだろ?」って。

「よくあるんすか」

「たまにだけどね」

「よく分かったすね」

「そりゃあんな変な動きしてりゃね、

そもそも奥側なんて普段誰も使わないだろ?

だからそこから入ってきた時は、

大体入ったドアと出できたドア違ったときだよ」

話によると、

入ってくるときだけらしい。

この後もう一回だけあった。

あと、先輩と二人で残ってた時に、

コンビニ行った先輩が

奥側から入ってきた事があった。

 

先輩が一瞬、

『ああ』みたいな顔になったから聞いてみたら、

「な、たまにあるんだよ」って。

 

電話をガチャ切りする何かがいる。

これはたまに。

 

基本的には二十四時間

誰かしらいることが多いんだけど、

微妙な時間だと

誰もいなかったりすることがある。

 

誰もいない時に電話すると、

一定数コールで転送になるんだけど、

そうならずに

2コールくらいでガチャ切りされることがある。

「昨日夜いたの誰っすか」

「何時ごろ?」

「一時過ぎ頃なんすけど」

「あー、ガチャ切りされた?」

「なんで分かるんすか」

「よくあるからね」

人いるときでもたまにあった。

 

一瞬鳴ったかと思うと止まって、

またかかってくる。

 

出る、今誰か出た?

出てないっすよ、あー妖怪かー。

妖怪ガチャ切り。

 

視界の端を横切る女がいる。

これも頻繁にあった。

 

最初は気のせいかと思ってたんだけど、

あんまり良く見かけるんで聞いてみた。

「ここたまに変な人いませんか」

「どんな?」

「や、はっきりとは見てな…」

「ああ、髪の長い白っぽい女の人?

あれちゃんと見てみたいよね」

「いるんすか…」

「いるね、多分美人だよ」

 

他にも勝手に動くエレベーターとか、

エレベーターの通ってる壁から

コンコン音がしたり、

天井に定期的に

黒い染みが出たりとかよくあった。

 

変なことはよく起こったけど、

特にいわくもなんにもない場所だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)