【意味がわかると怖い話】「忘れ物の森」に忘れたもの

おばあちゃんから聞いた話です。

 

おばあちゃんが18の頃、

友達4人でと

ある森に行ったそうです。

 

その森は『忘れ物の森』

と呼ばれていて、

『行った人は必ず何かを忘れてしまう』

といわれていました。

おばあちゃんたちは、

しばらく森を探索しました。

 

「誰かが財布でも置き忘れてるかも」

リーダー的存在のB男さんが

そんな冗談を言ったので、

おばあちゃんも

「しょうがない、つきあってやるか」

と思ったそうです。

しかし歩いているうちに、

おばあちゃんは一人で

はぐれてしまいました。

 

しょうがないので、

来た道を戻って

森の入り口で皆を待ったそうです。

 

しかし、しばらく待っても

誰も戻ってきません。

暗くなってから、

ようやくC男さんが戻ってきました。

 

しかしC男さんは、

「Y実を忘れてきてしまったんだ」

とか意味不明の事を口走り、

家に戻って猟銃を持ってくると、

そのまま森に入って

出てきませんでした。

おばあちゃんが家に帰って

両親にこの事を言うと、

両親は顔色を変え

「黙ってなさい。この事は」

と言い、

訳を聞いても教えてくれなかったそうです。

 

3人の友達は

誰も戻ってこなかったそうです。

後におばあちゃんが、

病床についた母(おばあちゃんの)に聞くと、

「お前は友達をあの森に

忘れたから戻ってこれた」

といわれたそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)