【意味がわかると怖い話】いじめが止まった理由

中学校に入ってから

一人のDQNにずっと虐められてた

 

自分の持ち物に死ねと書かれたり

殴られたりもしていて

俺はちょっと鬱になってたと思う

 

心配する母にガキだった俺は

きつく当たって錯乱して

暴力をふるうこともあった

 

凄い荒れた日の翌朝、

顔を腫らした母が笑顔で

「今日は貴方の好きなハンバーグが入ってるから」

って弁当渡してくれた…

申し訳ないやら情けないやらで

泣きそうになりながら俺は学校行った

 

その日の昼にDQNが

昼食忘れたからって

俺に絡んできたんだよ

 

せっかく母ちゃんが作った弁当なのに、

俺はDQNに殴られて弁当奪われた

お前の弁当うめぇなwww

って言いながら

全部食われたあげく

空の弁当投げつけられた

 

学校飛び出して、

悔しくて俺泣きながら家帰ったんだよ…

 

家に着いたら母ちゃんも既に泣いてて、

初めて早退した俺に驚きながらも

強く抱きしめられた

 

翌日からイジメはなくなった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)