【意味がわかると怖い話】殺されると通報があったが・・・

『助けて!!息子に殺される!!』

110番で聞こえたのはそれだけらしく、

まだ新人の私は

ドキドキしながら先輩と

二人で現場に向かった。

 

電話番号から割り出した住所に

たどり着いたのは普通の一軒家で、

通報から20分程経っていた。

 

インターホンを押して出てきたのは

少しやつれた20代の男で、

後ろではニコニコと

お婆さんが笑ってる。

 

「すみません、

こちらの御自宅から通報を受けたのですが」

と言うと、

男が申し訳なさそうに

「申し訳ございません、

祖母が間違って電話してしまったようで」

と答えた。

 

私が「お婆さんのご連絡ですか?

えーと、今お父さんはいらっしゃいますか?」

と聞くと、

 

「もういい、

怪我などはありませんか?

大丈夫ですか?」

 

と先輩が男に尋ね、

 

「いえ、少し引っ掻かれた程度ですから

大丈夫です」

と男は答えた。

 

相変わらず後ろでは

お婆さんがニコニコしている。
先輩は訳知り顔で

「お大事に」と男に言うと、

私たちは早々にパトロールへと

戻ることになった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)