【意味がわかると怖い話】東尋坊に肝試しに行った

20代の頃に、

友人と東尋坊に肝試しに行った

 

京都市内に住んでいたので、

車で飛ばせば3時間程度で着くだろうと、

突然言い出して

 

全員、軽いノリで

”いいね~、心霊写真撮ってTV局に売ろうぜ!

等馬鹿な話で盛り上がり

PM9時過ぎに、

3人で目的地に向かってGo

現地で噂の公衆電話に、

一人ずつ行って

写真を撮る事に決めて帰ってきました

 

結果として、

別に幽霊も怖い体験もしなかった訳だが、

カメラ小僧で持ち主のS君は、

その9日後に、

全国的にニュースになったんだけど、

某鉄道事故で帰らぬ人になった

葬儀が済んで、

半年が過ぎた位にS君の母親から電話があり、

S君の部屋を整理していたら

 

封筒が机の中にあって、

私とA君宛と書いてあるので

取りに来てと言われた

 

中身は、東尋坊の時の写真なんだが、

思わず絶句

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)