【意味がわかると怖い話】ろくでなしの友人が連れている女性

十年前くらいの話

 

そのころ20代前半だった

俺の友達にろくでなしがいた。

 

仕事もせず女に喰わせて貰って

パチンコ、麻雀とギャンブル三昧。

 

金をくれる女は何人かいるようで、

たまにゲーセンとかで会うと

毎回違う女を連れてるが

全部年増の疲れたキャバ嬢みたいな感じなんだ。

 

ある日またゲーセンで会ったんだが

女を二人連れて

スロットゲームをやってる。

 

お水系のスーツみたいな服装の女二人は

奴の両隣に座って見てるだけ。

よくやるなと思いながら挨拶だけした。

 

暫くゲームをやって

他の友達と外の自販機前でだべってると、

ろくでなしがゲーセンから出てきた。

 

女が一人しか居ない。

帰るねとか言ってくるから、

一人置いてくのかと聞くと

凄く変な顔をされて、

そのまま車の方に歩いて行った。

と、 女がこっちを振り向いた。

俺は怖くて目を反らしたよ。

目と口を大きく開いてにやぁと笑ってる女。

 

それだけでも十分怖いんだけど、

顔が全然違う別人になってるんだもん。

その後、ゲーセンの中を探してみたけど

もう一人の女は居なかった。

それから2ヶ月くらいかな?

ろくでなしを知ってる別の友達が

あいつ行方不明らしいよと言ってた。

 

まあ急に居なくなる事は

前にもある奴だったけど、

携帯も繋がらなくなってて

十年たった今もどうしてるか分からない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)