【意味がわかると怖い話】救いの薬草の正体

母親と2人暮らしの少年がいました。

 

ある日、母親が病気で

倒れてしまいました。

 

少年は一生懸命看病しました。

医者はもって1年だろう、

と言いました。

 

少年は母親を助けたくて、

色々な人に話を訊きました。

とある旅人が教えてくれました。

 

「北の山に、

どんな病気や怪我をした人も

救える薬草がある」

 

旅人は薬草の絵を描いて、

少年に渡しました。

 

少年は、

薬草を探す旅に出ました。

 

北の山という事と、

薬草の絵だけが頼りでしたが、

 

何としても1年以内に見つけようと、

必死でした。

 

沢山の怪我をしました。

ほとんどいつも、

お腹が空いていました。

 

それでも少年は頑張りました。

 

そしてとうとう、

薬草を見つけました。

 

もう雪が降る季節に

なっていました。

 

間に合ってくれと、

少年は急いで母親の元へ

帰りました。

 

やっとの思いで家に着きました。

少年はもうボロボロでした。

 

幸いにも、

母親はまだ無事でした。

「良かった、

これで母さんを治せる」

 

少年は薬草を煎じて、

母親に飲ませてあげました。

母親は死にました。

 

眠っている様でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)