【意味がわかると怖い話】あるものの不遇

それは、広大な大地に

しっかりと根を下ろして

大きく茂っていた。

 

ある日、

化学物質が混じった

雨が降り注いだ。

 

だが、それは雨の間

ずっと耐え忍んだ。

 

雨は大地を流れ去っていった。

暫くして、

熱く乾燥した暴風が

襲い掛かった。

 

だが、それは暴風にも、

じっと耐えた。

雨と暴風にずっと耐え続けた。

 

更にある日、

酸性雨が降り注いだ。

 

多くの仲間が枯れたような

色になった。

 

時を置かず、

暴風が襲う。

 

だが、それは耐えた。

ひたすら耐えた。

時の流れは残酷だ。

 

栄養も足りなくなり、

やせ細るようになった。

仲間もどんどん減ってきた。

 

生命力も尽きようとしている頃、

また雨が降り注いだ。

刺激臭のする雨だ。

 

相変わらず乾燥した熱波も

襲ってくる。

また多くの仲間が喪われた。

 

ほとんどの仲間が消え、

大地が不毛になった。

 

すると突然、

空から命を持たないそれが

大量に降って来て、

大地を覆った。

 

人の頭とはこういうものだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)