【ゾッとする怖い話】遭難者の無念

遭難者の救助や捜索に当たった後、

亡霊に悩まされる者が居る。

 

亡霊ではなく、

幻覚かも知れない。

せっかく発見したのに、

すでに死亡していた男性。

 

メモを見ると、

昨夜までは確かに生きていた。

 

メモの最後の一行には、

自分を発見しない捜索隊への

恨みがつづられていた。

 

この一行を書くとき、

すでに彼の思考は乱れ、

一種の混乱状態に陥っていたに違いない。

 

捜索隊員の一人はそう考えることで、

自分への慰めとした。

発見時、自殺していた男性。

同行していた女性は

数日前すでに死亡しており、

男性は自責の念から

タオルで首を吊ったのだと断定されたが、

彼の顔は傷だらけで、

女性の遺体の爪には、

その男性の皮膚が食い込んでいた。

雪崩に巻き込まれ、

押し潰された体から

内臓が露出していた女性。

 

「冷凍状態だった内臓の鮮やかな色は、

決して忘れられないだろう」

と言って大きくため息をついたのは、

本職の救助隊員ではなく、

捜索に駆り出された

地元青年団の一人だった。

 

最終的に、

自殺や人格的破滅に追い込まれた

捜索隊員も居る。

 

彼らの多くは、

遭難者の霊に、

夢や現実の世界で追い回され、

恨み言を並べられ、

恨みがましい視線を浴びた経験を持つ。

 

逆恨みといって良いが、

相手の感情ばかりはどうにもならない。

遭難者の家族から

罵倒されたりする事もある。

 

「息子を発見できないなら、

死んでも帰ってくるな」

と言い放つ親。

 

崩れそうになる弱い自分を支えようと、

とんでもない人格が表面に現れ、

感情が爆発する。

 

「逆恨みの遭難者の亡霊に悩んでいる」

元・捜索隊員は言った。

 
亡霊より、キレた家族のほうがよっぽど怖いぞ。

無論、そうした家族は、

ごく少数だという注釈つきだ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)